第3展示室 特集展示「印籠とたばこ入れ」

当館は、平成25年度に根付・印籠・袋物のコレクション(H-1869)、平成28年にたばこ入れ(H-1904)、平成30年度には印籠及び印籠箪笥(H-1923)を相次いで受贈しました。そこで今回の特集展示は、館蔵資料の中から、男性の装身具である印籠とたばこ入れをとりあげて未公開資料を中心に展示します。
武家や一部の裕福な町人男性が佩用(はいよう)する携帯用の薬入れとして、近世初期から急速な流行をみた印籠、喫煙の習慣の広まりとともに、町人を中心とした庶民のあいだで普及したたばこ入れは、ともに機能とデザイン性を兼ね備えた装身具として愛好されました。本展示では、多様な素材や工芸技術、装飾デザインなどを解説しつつ、都市を中心に華開いた豊かな生活文化の一端をご紹介します。

イベント名 第3展示室 特集展示「印籠とたばこ入れ」
期日 2022年10月25日(火)~12月4日(日)、月曜日休館
9:30~16:30(入館は16:00まで)
場所 国立歴史民俗博物館
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
千葉県
料金 一般600円、大学生250円、高校生以下無料
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※障がい者手帳等保持者は手帳等提示により、介助者と共に入館料無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。
また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
主催者名 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
お問い合わせ ハローダイヤル
050-5541-8600
https://www.rekihaku.ac.jp
カテゴリ 展覧会
外国語対応 なし
バリアフリー対応 車椅子
備考 マスクの着用・検温・手指消毒にご協力ください。

カテゴリー

  • 関東
  • テーマ
  • 場所
  • 展覧会
  • 楽しみ方
  • 終了